2015-12-26

釜玉うどん


DSCF5908.jpg

釜玉うどんって簡単なようですが、自分で作ると意外と奥が深い。

茹でたうどんに卵をのせてまぜるか、あらかじめ溶いておいた卵にうどんをからめるか、薬味はネギかショウガか、酢を加えるのはアリかナシか――それだけでも大論争が起こる気配。

それから、うどんの量玉子のサイズもデリケートな問題です。

うどんの量がそれなりにあって、小さめの卵なら、麺に卵がうまくからんで、あたかもレアなカルボナーラ状態になる。

これを「釜玉均衡」もしくは「うどんと玉子の最適化」と呼びます。

うどんマニアには常識ですよね。

最近は原料が高騰し、様々な食品が小型化、軽量化してます。

茹でうどんも例外ではありません。メーカーにもよりますが200gぐらいあった商品が180gにダイエットしてます。

DSCF4986.jpg

そんな逆風の中、230gを維持する川村製麺はエライ!

話を元に戻しましょう。

いつの間にか減らされた茹でうどんに、せめて卵だけでも大きめをと奮発したりすれば、卵が多過ぎてトロリと麺にからんでくれません。

溶き卵の中でうどんが泳いでいる状態になっちゃいます。

これはこれで嫌いじゃありませんが、ちょっと見た目が良くない。

対策はいくつかあります。

卵黄のみを使う、なるべく小さめの卵を選ぶ、揚げ玉をトッピングして余計な水分を吸わせる、などなど。

正解はない。

自分なりの釜玉を見つけよう。

でも、「丼は温めておく」「卵は常温に戻しておく」は基本中の基本だぞ。



男の料理ランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

広告
プロフィール

大城竜流

Author:大城竜流
廃業寸前の売れない物書き。

noteで怪談を公開しています。
https://note.mu/ds_oshiro

缶詰のブログもやっています。
http://ameblo.jp/ds-0046/

野中亮の名義で徳間書店から小説を数冊出版しています。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
人気ブログランキング
川が知っている
ねえ、マスター
リンク
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告