2014-09-19

失われた名前 


人気ブログランキングへ

『失われた名前 
サルとともに生きた少女の真実の物語』

マリーナ・チャップマン 著
宝木多万紀 訳

駒草出版


たまにはノンフィクションも読んでみるものだ。おかげで凄い本に出会えた。

1950年代、犯罪都市と化していたコロンビア。5歳の誕生日を目前に誘拐された少女は、移動途中なぜかジャングルに捨てられてしまう。

飢えと恐怖の極限状態でさまようジャングルで出会ったのはサルの群れ。猿の行動から学習して飢えをしのぎ、少女は生き伸びた。

それから数年間を猿とともにジャングルで暮らした少女は、ハンターたちに発見されて人里へ連れ戻される。

しかし夢にまでみた人間社会は、野性と化した少女にとって楽園ではなかった。

売春宿の下働きとして売り飛ばされた彼女は、奴隷としての労働を強いられ、人間社会の複雑なしきたりに戸惑い、文明という名の凶器に脅える。

ある日、売春宿から逃走した少女は、ストリートチルドレンと化す。ジャングルで身につけた身体能力で盗みの技に磨きをかけ、12歳にしてギャングのリーダーになった。そして過酷な運命はなおもつづく。

一度は野生動物と化した少女の目から、人間とは何か、社会とは何かを浮き彫りにする問題作。読みはじめたら最後、彼女の生き様から目が離せなくなる。

これ映画化しないかな。

オススメ度   ★★★★★
サバイバル度 ★★★★★

↓ よろしければクリックお願いします

本・書籍 ブログランキングへ

失われた名前 サルとともに生きた少女の真実の物語失われた名前 サルとともに生きた少女の真実の物語
(2013/11/26)
マリーナ・チャップマン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

広告
プロフィール

大城竜流

Author:大城竜流
廃業寸前の売れない物書き。

noteで怪談を公開しています。
https://note.mu/ds_oshiro

缶詰のブログもやっています。
http://ameblo.jp/ds-0046/

野中亮の名義で徳間書店から小説を数冊出版しています。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
人気ブログランキング
川が知っている
ねえ、マスター
リンク
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告