2016-09-02

超辛口塩鮭の焼うどん


近所のスーパーで超辛口の紅鮭が売ってました。

辛塩の紅鮭はたまに買います。

かなりしょっぱくて切り身全部は食べられません。

ちょっと高めですが、2回に分けて食べられるのでお得なのです。

超辛口の紅鮭は切り身ひとつが約250円とけっこう高い。

怖いもの見たさで買って帰り、夕食に焼いたところ・・・。

DSCF7461.jpg

ご覧ください、真っ白になるほど塩がビッシリ浮いてます。

もうしょっぱいしょっぱい!

端っこのひと欠けで晩ご飯が済んでしまいました。

コレはもう塩味の鮭じゃなく、鮭味の塩ですよ。

ってことで、酒後メンの調味料として使っちゃいましょう。

茹で鶏でビールを飲んでからの酒後メンです。

DSCF6996.jpg

冷蔵庫に川村製麺の玉うどんがあったので、焼うどんにしました。

DSCF7493.jpg

鮭はほぐしてフレーク状に。

DSCF7494.jpg

具はキャベツとタマネギ。バターで炒めます。

野菜がしんなりしたら、うどんと超辛口鮭フレーク投入。

DSCF7495.jpg

濃いめの昆布茶を少量注ぎ、麺をほぐしながら炒める。

生卵を落とし、刻み海苔をふっていただきます。

DSCF7497.jpg

野菜、麺、卵に塩分が上手い具合に移ってくれました。

鮭とバターの風味もイイ感じです。



男の料理ランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

広告
プロフィール

大城竜流

Author:大城竜流
廃業寸前の売れない物書き。

noteで怪談を公開しています。
https://note.mu/ds_oshiro

缶詰のブログもやっています。
http://ameblo.jp/ds-0046/

野中亮の名義で徳間書店から小説を数冊出版しています。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
人気ブログランキング
川が知っている
ねえ、マスター
リンク
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告