2014-09-13

ソード・ロワイヤル

『ソード・ロワイヤル』

監督 ウー・アールシャン

主演 安藤政信 他

2010年 中国


てっきり、復讐をテーマにしたソード・アクションだとばかり思っていた・・・事実、「復讐」も「ソード・アクション」も、映画の重要な構成要素ではあるのだが・・・。

全体的にバカっぽいのだ・・・。

もっとシリアスな映画を期待していたが、アテが外れた。

しかし、「アテが外れた映画」と「つまらない映画」は別物である。要は角度の問題だ。180度アテが外れれば、それはつまらないものだろう。だが360度アテが外れたなら、ちょうど一回転して「面白」にジャストミートするのだ。

この映画は、そのパターンである。

まず、突き抜けた映像のセンスに圧倒された。時空を超えた入れ子構造のストーリー展開にも目が離せない。民話的な「間抜けっぽさ」を違和感なく組み込む演出も効果的だ。

DVDを買うほどではないにしても、レンタルならじゅうぶん観る価値はあります。

オススメ度     ★★★
作品の切れ味度 ★★★★★

↓ よろしければクリックお願いします

映画評論・レビュー ブログランキングへ


ソード・ロワイヤル [DVD]ソード・ロワイヤル [DVD]
(2012/10/12)
安藤政信、キティ・チャン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

広告
プロフィール

大城竜流

Author:大城竜流
廃業寸前の売れない物書き。

noteで怪談を公開しています。
https://note.mu/ds_oshiro

缶詰のブログもやっています。
http://ameblo.jp/ds-0046/

野中亮の名義で徳間書店から小説を数冊出版しています。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
人気ブログランキング
川が知っている
ねえ、マスター
リンク
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告