2014-10-14

採薬使佐平次


人気ブログランキングへ

『採薬使佐平次』

平谷美樹 著

角川書店

DSCF4170.jpg

採薬使(さいやくし)とは、八代将軍徳川吉宗の命を受け、諸国を旅して薬草の研究にたずさわる者たちである。その実態は諸藩の動静を探り、謀反の鎮静にあたる「お庭番」なのだ。

いまのところシリーズで『採薬使佐平次』『採薬使佐平次 将軍の像』『採薬使佐平次 吉祥の誘惑』の3作品が出版されている。

人為的飢饉による食糧テロ、巨大生物の輸入と運送を巡る陰謀、麻薬と毒殺の蔓延――幕府を揺るがす様々な事件を、採薬使たちは薬草をはじめ生物学全般にわたる知識を駆使し、次々と解決していく。

ジャンルとしては、「自然科学ミステリー時代小説」というところか。

本来、著者はかなり硬派なSF作家だ。しかし怪談の著作も多数ある。そして時代劇と、まだまだ引き出しは多そうだ。

オススメ度 ★★★
チャンバラ度 ★★

↓ うっかりクリック!

本・書籍 ブログランキングへ

採薬使佐平次採薬使佐平次
(2013/03/01)
平谷 美樹

商品詳細を見る

将軍の象    採薬使佐平次 (単行本)将軍の象 採薬使佐平次 (単行本)
(2013/10/01)
平谷 美樹

商品詳細を見る

吉祥の誘惑  採薬使佐平次 (単行本)吉祥の誘惑 採薬使佐平次 (単行本)
(2013/11/27)
平谷 美樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

広告
プロフィール

大城竜流

Author:大城竜流
廃業寸前の売れない物書き。

noteで怪談を公開しています。
https://note.mu/ds_oshiro

缶詰のブログもやっています。
http://ameblo.jp/ds-0046/

野中亮の名義で徳間書店から小説を数冊出版しています。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
人気ブログランキング
川が知っている
ねえ、マスター
リンク
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告