2014-10-16

はかぼんさん〈空蟬風土記〉


人気ブログランキングへ

『はかぼんさん〈空蟬風土記〉』

さだまさし 著

新潮社


さだまさしが怪談を書くとこうなる。

本書はそんな短編小説集。ただ怪談と言っても、ホラーや因果話ではない。不思議系の話ながら、和のテイストで描かれた、優しくも悲しい物語の数々。

後味の爽やかな「和風ファンタジー」ってところでしょうか。

コンサートで全国を旅する著者が各地で触れた体験や拾い集めたエピソードを小説化したと思われます。

著者が創りだす名曲同様、その文体は繊細かつ温か。

さだまさしの小説というと、映画化された『眉山』や『アントキノイノチ』など、ここ数年の著作がメジャーです。でも30年以上前から、さだまさしは定期的に小説を書き、発表していました。

小説、エッセイと書籍を多発する歌手ですが、一番面白いのは『噺歌集』をはじめとするステージ・トーク集でしょう。

ライブで歌の合間の喋りを(正しくは喋りの合間に歌っているのだが)そのまま活字に起こすと上質のエッセイになってしまうのだから、究極の言文一致であるな。

オススメ度 ★★★★
人情ドラマ度 ★★★

↓ よろしければクリックお願いします

本・書籍 ブログランキングへ

はかぼんさん―空蝉風土記はかぼんさん―空蝉風土記
(2012/08)
さだ まさし

商品詳細を見る

噺歌集〈5〉 (文春文庫)噺歌集〈5〉 (文春文庫)
(1996/12)
さだ まさし

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

広告
プロフィール

大城竜流

Author:大城竜流
廃業寸前の売れない物書き。

noteで怪談を公開しています。
https://note.mu/ds_oshiro

缶詰のブログもやっています。
http://ameblo.jp/ds-0046/

野中亮の名義で徳間書店から小説を数冊出版しています。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
人気ブログランキング
川が知っている
ねえ、マスター
リンク
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告