2017-04-08

アラビヤン焼そば


DSCF8632.jpg

袋焼そばの中では一番好きです。

子供の頃から慣れ親しんだ味。

でも数年前までは千葉と茨城でしか販売されてなかったとか。

袋を開けるとこんな感じ。

DSCF8636.jpg

おなじみの縮れ揚げ麺に、粉末ソースと青海苔の小袋。

今回は具を奮発してみました。

DSCF8635.jpg

キャベツ、ニンジン、玉ネギ、叉焼をあらかじめ炒めておく。

軽く塩コショウして仕上がりの味が薄くならないよう気をつけましょう。

DSCF8637.jpg

フライパンに200ccの水を沸騰させ、麺を入れる。

DSCF8638.jpg

1分待って裏返し、やさしくほぐしていきましょう。

DSCF8639.jpg

麺がほぐれ、水分がなくなってきたら炒めてあった具を投入し、粉末ソースを混ぜる。

DSCF8640.jpg

ちょっとだけ、わざと焦がすのがコツです。

揚げ玉と紅ショウガをトッピングし、青のりを振って完成。

DSCF8641.jpg

なんか、ずいぶんとゴージャスになりました。

でもね、具無しの素アラビヤンもかなり美味しいんですよ。





人気ブログランキング
2017-04-05

釜玉ぺろっこ


DSCF5267.jpg

超幅広麺、ぺろっこうどん

過去、ざるかけカレー仕立てなどを紹介しました。

そういえば、まだこれで釜玉をやってなかった。

DSCF8614.jpg

あらかじめ卵は器に割り、適量の白だしを加えてよく溶いておく。

麺が茹であがったら、ざるでよくお湯を切り、すかさず卵とからめる。

DSCF8615.jpg

トッピングは揚げ玉、すり胡麻、刻みネギ。

幅広の麺が卵によくからみますね。





男の料理ランキング
2017-03-30

トマト味噌の焼うどん


DSCF8578.jpg

遅ればせながら、ネットで「トマト味噌」なる万能調味料の存在を知った。

作り方は様々だが、いちばん簡単なのは同量の味噌とトマトケチャップを混ぜる方法。

DSCF8575.jpg

下手に凝るより、こーゆーシンプルなのが美味しいことは経験上よく知ってる。

さて、これを酒後メンに使えまいか?

スパゲティー、ラーメン、焼そば・・・しばし考えて、焼うどんに決めました。

和風ナポリタンっぽくなるかと思って。

DSCF8576.jpg

具は魚肉ソーセージ、玉ネギ、ニンジン、キャベツ。

DSCF6996.jpg

麺は毎度おなじみ川村製麺玉うどん

具を炒め、野菜がしんなりしたら麺を投入。

DSCF8577.jpg

軽く塩コショウし、コンソメを溶いた少量の湯を注いで麺をほぐしながら炒める。

トマト味噌を混ぜ、さらに炒めて完成。

味噌が焦げやすいけど気にしない。

焦げたら焦げたで美味しいのだ。

不思議な味だが、悪くない。

DSCF8578.jpg

半分ぐらい食べ進め、タバスコと粉チーズをかけ、味の変化を楽しむもよし。

味噌とチーズは合うのだ。




男の料理ランキング
2017-03-27

基本のきつねうどん

DSCF8573.jpg

油揚げは2分ほど煮てからペーパータオルではさみ、よく油を抜いておきます。

麺つゆを希釈し、醤油、砂糖を少し加えて、下ごしらえした油揚げを煮ふくめる。

お約束どおりに、甘辛く。

DSCF6996.jpg

麺は毎度おなじみ川村製麺玉うどん

出汁はヒガシマルうどんスープ

DSCF7225.jpg

蒲鉾と刻みネギもトッピング

関西風の出汁と甘辛いお揚げが、素敵な味のコントラスト。

これが関東風のうどんだと、出汁とお揚げの甘辛さがかぶっちゃって、個人的に好きじゃない。

だから以前は、あまり食べなかったんです、きつねうどん。

どん兵衛きつねうどんマルちゃんの赤いきつねを安売りのときたまに買って食べる程度。

油抜きしたお揚げを刻んでのせただけの刻み揚げうどんは大好きなのに。

ヒガシマルのうどんスープと出会ってから、作るようになりました、きつねうどん。





人気ブログランキング
2017-03-23

日清CUP NOODLES ボロネーゼ


DSCF8565.jpg

ディスカウントストアで投げ売りしてました。

DSCF8564.jpg

蓋を開けるとこんな感じ。

DSCF8566.jpg

液体ソースと調味油の小袋。

かやくは麺に直のせ。

例の「謎肉」が数個転がっていますが、ボロネーゼの具としてはちょっと寂しい気が・・・。

麺は乾燥状態でもかなり太めです。

仕上がりがこちら。

DSCF8567.jpg

麺はかなり太めでモッチリ、そこそこコシもある。

さすが日清、麺の質感はレベル高い!

でも味が薄~い・・・

薄味が好みの私にも薄~い・・・

粉チーズとタバスコを多めにかけ、どうにか味の着地点が定まりました。

限りなく不時着に近いけどね・・・。





男の料理ランキング
広告
プロフィール

大城竜流

Author:大城竜流
廃業寸前の売れない物書き。

noteで怪談を公開しています。
https://note.mu/ds_oshiro

缶詰のブログもやっています。
http://ameblo.jp/ds-0046/

野中亮の名義で徳間書店から小説を数冊出版しています。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
人気ブログランキング
川が知っている
ねえ、マスター
リンク
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告